金沢B級グルメといえば、金沢カレー!とそぉ〜ではない貴婦人カレー!!

Gogocurry(ゴーゴーカレー) メジャーカレー

ついにカニ漁解禁を迎え、メインストリームではどこもかしこもかにカニ蟹フェスティバルッ!になると思しき金沢市内ですが、日頃お世話になりがちなB級グルメといえば、『金沢カレー』なのですってッ!

この『金沢カレー』なるもの、金沢に移住する前から都内ではゴーゴーカレーのお世話になっておりました。というか都内で金沢カレー=ゴーゴーカレーのことであり、他の選択肢が無いのです。
そんなゴーゴーカレーが金沢市内では存在感が薄いこと&ゴーゴーカレーの一号店は新宿店だったことに衝撃を受けた移民なのでございます。(よぉ〜やく駅構内のリニューアルで金沢駅店ができましたが)

そんな『金沢カレー』、Wikipediaさんによると、

  • ルーは濃厚でドロッとしている。
  • 付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
  • ステンレスの皿に盛られている。
  • フォークまたは先割れスプーンで食べる。
  • ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。
  • ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける。

なお、すべての店舗が上記の特徴を満たしているわけではない。

という特徴を持ち合わせているカレーとのことである。

金沢カレー – Wikipedia
金沢カレーとはなんぞや!?

 

 

 

 

ただのドロッと黒いカレーと言うなかれ、けっこう奥が深い金沢カレー

そんな金沢カレー、職場近くに数店あることから結構お腹を空かせたときにはお世話になる。

まずは近江町市場の地下にある『カレーのチャンピオン』通称チャンカレ。
ゴーゴーに押されているとのことだが、まだまだチャンピオンである。
市内のスーパーにたいていおいてある金沢カレーのルーはこのチャンカレのルーなのだ。
このスーパーの棚にもゴーゴーの勢いが増しつつありますが…(^^;)ハハハ。

カレーのチャンピオン_Lカツカレー

写真は基本のLカツカレー。
でも『Lカツ』の『L』が何を意味しているのかわからない。ご飯のサイズはこれとは別にL・M・Sとあるのに…。
細長く切られたチーズはトッピング。ルーの熱ですぐに溶けてルーに絡めやすい。

近江町市場の通りの反対側のエムザ地下には『ゴールドカレー』。
このゴールドカレーとチャンカレにはなにやらきな臭い関係があるよぉ〜で。

ゴールドカレー_能登豚カツカレー

でも、実は金沢カレーのジャンルでボクが一番よく食べるのが、このゴールドカレーの能登豚カツカレーSサイズにチーズトッピング。
ここのチーズはバーナーで表面を焦がしてあり、この焦げ目がチッとした味のアクセントになっているのがたまらないのである。
ここは他の金沢カレーに比べて、牛すじだのオムカレー、ハントンカレーなどの変わり種メニューも多々あります。
また、もれなくコンソメスープが飲み放題(笑)

さらに時間の余裕があるときには市役所通りまで足を伸ばして、『ターバンカレー』。
なにやら、ゴーゴーカレーに至る系統の元を正せばここになるらしいというターバンカレー。
ターバンから枝分かれしてチャンカレが出来、チャンカレからはゴールドが生まれ、玄孫でターバンのレシピをゴーゴーが受け継いだというような、金沢カレー大河ドラマが成立するような間柄なのだそぉ〜。

ターバンカレー_Lセットカレー

とりあえず最初に訪れたときに、全部のせいっときゃぁ〜外れは無いだろっ!と思いLセットカレー。ここでも謎の『L』である。この流れでチャンカレのLカツが命名されたのか?
このLセットカレーにはとんかつ、ハンバーグ、ウィンナーが乗ってます。上にかかっているのはマヨネーズ。
だって、『マヨネーズ無料です!』って貼ってあったから…(^^;)ハハハ。
しかし、よほど腹空かして死にそうな高校生でも無い限り、このマヨネーズトッピングはいらないと思います(笑)
ちなみに、ルーだけだったらここターバンカレーのルーが一番お好み。

以上、よくお世話になる金沢カレー御三家ではありますが、これは金沢カレーの一系統を舐めただけのことでしか無く、金沢カレーは結構奥が深い喰いモンなのでございます。
よりマニアックに金沢カレーを攻めたい貴兄は是非以下のページをご一読くださいませ。

もはや金沢はカレーの聖地!金沢市民が金沢カレーのすべてを紹介!ゴーゴーカレー・チャンカレ・ターバンカレー | 美しい金沢・加賀・能登・石川県の観光情報マガジン Beauty Hokuriku
もはやカレー文化が華開く!?

 

 

 

実は金沢には『金沢カレー』以外にもおいしい貴婦人カレーがあるのですっ!

市内は『金沢カレー』チェーンで席巻されており、金沢人は金沢カレーしか食さない!?
というわけでは無いのです。
たしかに、もっと繁華街にCoCo壱番屋があってもいいのになぁ〜とCoCo壱のサラサラカレーが恋しくなるときもありますが…(^^;)ハハハ。
いわゆる金沢カレーの特徴を併せ持つわけではない、独自のカレーで人気を集めているのが貴婦人カレー!

きふじん – 金沢/串焼き [食べログ]
貴婦人カレーがオススメですって!

 

 

 

 

もともとは喫茶店貴婦人として営業していて、その看板メニューとしてカレーを出していたよぉ〜ですが、心機一転リニューアルで『金澤どぜうきふじん』として現在営業再開している『きふじん』さん。
JRの高架と金石街道が交差するまさに交差点に位置しております。
店名通りどじょうの蒲焼きやうなぎの蒲焼き、居酒屋のようなメニューの他に喫茶店時代からのサンドウィッチやカレーも引き続き置いてあり、往年の人気のほどがわかります。

そんな貴婦人さんでいただいたのがALLカレー!
やはり最初は全部入りの法則でいかしていただきました(笑)

IMG_6785.JPG

基本の貴婦人カレーの上にとんかつ、ハンバーグ、クリームコロッケ、目玉焼きがのってます。
貴婦人カレーのルーは金沢カレーとは全く異なり、フルーティー&スパイシーななめらかなルーでした。
しいて言えばもうやんカレーに似ているような…。
たまねぎとリンゴ等のフルーツをすりつぶしたモノをいっぱい使っているような自然の甘さと、甘いだけに終わらせないちょうどいいスパイスの辛みが合わさり、なんか忘れかけていた金沢カレー以外のカレーの味わい。
そぉ〜そぉ〜カレーってこういうのも普通にあったよね!お帰り、カレーさん。ボクのお口に戻ってきてくれてありがとぉ〜!と感謝感謝のお口の幸せでございました。
それとオススメなのが、口に入れるとトロトロなのに形を崩していないジャガイモ!
これは、コッテリだけでは無いカレーを食べたい貴兄にオススメですって!!!

ということで、CoCo壱番屋さま。
是非金沢市内の繁華街の方へ、駅周辺、武蔵、南町、香林坊、片町くらいまでの間で是非店舗展開してくださいませ。
金沢だからこそのサラサラカレーありだと思いますっ!!