虎ノ門で老舗の洋食屋さん『レストランケルン』に初入店!

虎ノ門という場所は、20世紀の終わり頃から縁のある場所である。
霞が関のビルにもいたし、事務所が豊洲になっても、顧客は虎ノ門霞が関界隈と、金沢での2年間以外はなにかと縁深いお土地柄なのだ。

そんな長年彷徨いている虎ノ門であるにも関わらず十年以上も気がつかずにただ通り過ぎていたお店がある。

ケルン外観

まさに虎ノ門交差点という誰しも気付くだろ?という一等地にある『洋食ケルン』さん。
これほどわかりやすいところにあるにも関わらず、なにゆえ今まで気付かなかったんだろ?…(^^;)ハハハ。

ケルンランチメニュー

この度、めでたく『洋食ケルン』さんを発見し初入店なのですっ!
ちなみにお店の前に掲げられているランチメニューはこんな感じ。

ケルンポスター

なんと、この『洋食ケルン』さん、最近できたよぉ〜なお店ではございません。
昔ながらの洋食レストラン。皆様に愛され続けて50年!?
まさに、ボクが大好きな昭和な洋食屋さんなのです。

ケルン看板

壁に掛けられている看板も、創業50年と聞くとなんか重々しく感じます(笑)

ケルン店内

お店はビルの地下ではありますが、スペースはかなり広くてオープンな作り。

ケルンメニュー

こちらが『洋食ケルン』さんのメニュー。
いやぁ〜昭和な洋食屋さんマニアとしてはどれもこれも喰いたい料理です(笑)

ケルンメニュー

洋食屋さんのカレーフェアというのも気になります…ムフフ。

ケルン調味料

この塩の入った容器だの、タバスコが置いてあるこの感じ、昭和な洋食屋さんの基本です。

ケルンランチコールスロー、スープ

ランチにはサラダというよりもコールスローとスープが付きます。
このコールスローが何気にクセになる感じ。これ良いですなぁ〜。
スープはポタージュというよりもコーンスープというよりも小麦粉に塩胡椒でバランスを調えたクリームスープ。けして旨いというものではなく、懐かしさを感じる遠きクソガキの頃の想い出の味なのです…(遠い目)。

ケルンカニクリームコロッケ

そしてこの日注文したのはカニクリームコロッケ
ちゃんと檸檬の輪切りとタルタルソースを備えてます。基本に忠実!

ケルンカニクリームコロッケ

中はトロトロせず、堅くもなく、ナイフを入れても型崩れしない程度のまとまりを持つホワイトソース。
どこを食べてもちゃんとカニの風味を感じる、普通に美味しぃ〜出来映えです。

ケルンビーフシチュー

そして、どぉ〜しても気になってしまったのが『伝統の味』とされているビーフシチュー
ジャガイモにニンジン、そしてほうれん草といった基本の具に、写真の通りビーフシチューなのに、なんとタンシチューも味わえるのですっ!
一番上にのっていた塊はなんとタンっ!
一皿で二度美味しぃ〜ビーフシチューなのでございます。

ケルンビーフシチュー

ビーフはもちろんトロトロ。
パサパサで、噛めば噛むほど口の中で体積が広がっていく系の中途半端に煮込んだ牛肉は苦手なんですが、ケルンさんのビーフは芯までしっかり煮込まれて味も染みこんだ、さすが老舗伝統の味!と言える出来映えです。

ケルンビーフシチュー

ちなみにこのデミグラスソースもちっと特徴的。
サラサラなのにも関わらず味は濃厚。しかもちっと赤ワインの酸味が強めな大人な味わいなのです。

ケルンビーフシチューリゾット

そんなデミグラスソースには、金沢時代の最後に『NEW狸』のビーフシチューで味をしめてしまった行儀の悪い食べ方で〆るのです。

ケルンビーフシチューリゾット

ライスを残ったデミグラスソースにドーーーンッ!
デミグラスリゾットで最後まで美味しく頂きましたm(._.)m

ケルンお弁当

また、このケルンさんはランチタイムにお弁当の販売も。

ケルンお弁当

狭いお店の入口でこのよぉ〜に用意しております。
お手軽にケルンさんの料理を啄みたい時には、是非お弁当をオススメします。

ケルンナポリタン

ちなみにこちらは昔懐かしい昭和な洋食屋さんのナポリタン
500円で腹いっぱいになります(笑)
味はまさにボク的に王道なナポリタン
しかしっ!ピーマンが入っていないのが惜しいところ。

ケルンドライカレー弁当

こちらは洋食というよりも、土日のお昼ごはんにお婆ちゃんが作ってくれたよぉ〜なドライカレーが懐かしすぎる、ドライカレー弁当
このドライカレーだけでも十分ですが、この日のおかずの鮭フライはただの鮭フライにあらずっ!
鮭ハラスフライなのです。この辺りにも老舗洋食屋さんのちょっとしたプライドが感じられます。

虎ノ門ランチには是非是非ケルンさんのお弁当も!

関連ランキング:洋食 | 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅