偽『東京いい道、しぶい道』〜【雑司ヶ谷弦巻通り編】

フトした思いつきで突然始まったパクり企画!偽『東京いい道、しぶい道』!!
泉麻人氏の『東京いい道、しぶい道』にある通りを実際に歩いてみよう!というだけの企画なんですが、前回の池袋トキワ通り・坂下通りに続いて、もう一本ボクの生活圏内にある通りが書いてありまして。
それが雑司ヶ谷弦巻通りなんですねぇ。

せっかくの休みでも梅雨空続きで足を伸ばしづらいのもあり、身近なところで写欲を満たすために、今回は雑司ヶ谷へ向かいます。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4あずま通り交差点

池袋の西口からびっくりガードを抜けて南池袋へ。
いつもの池袋ネコ歩きminiの南ウィングコースだとこの交差点を真っ直ぐあずま通りに入り込んでいくんですけど、

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4明治通り

今回は明治通りに沿って歩いて行きます。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4大鳥神社参道入口

すると本でも触れていた大鳥神社参道入口。
そういえば、まだ池袋ネコ歩きminiの南ウィングコースが確立する前はこの辺りを歩いていたなぁ〜と。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4オリナスふくろうの杜

大鳥神社参道入口の脇には、オリナスふくろうの杜のでっかいタワー型物件が。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4オリナスふくろうの杜

これまで気にも留めていなかったですけど…(^^;)ハハハ。
こちらは公社だの区民住宅だのと介護施設の複合施設のようですね。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りスタート

その脇の道が今回のテーマである弦巻通り
東京いい道、しぶい道の始まりです!

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りオリナスの角の二宮金次郎像

さっそくオリナスの敷地の端に二宮金次郎氏の像が。
なにゆえ?近所の公立小学校あたりから寄贈されたんでしょうか?
昨今は校庭に二宮金次郎はいらないとかいう奇妙な風潮な様ですから…(^^;)ハハハ。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑司ヶ谷鬼子母神盆踊り

そういえば、7月中旬は雑司ヶ谷鬼子母神の夏市や盆踊りなんですよね。
今年は夏市みられなかったぁ〜…(T^T)涙。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り法明寺参道

とにかく道なりに真っ直ぐ歩いていると、あ゛れっ!?ここ見覚えあるぞ?
ってか、この日の朝もここ通ったぞ?
となんと法明寺さんの参道前の道が弦巻通りだったんですね…(^^;)ハハハ。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り鬼子母神へ向かう三差路

そうそう!ここ朝通った!ってか翌朝散歩している(笑)
右に行くと雑司ヶ谷鬼子母神。朝通りました。
左が弦巻通り。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り東京音楽大学

ということで、法明寺前の三差路を左に行くと、現代的な東京音楽大学の校舎が。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り黒白八割れ

ブラぱち猫クラブの活動も忘れてはございません。
常に気配を気にしながら歩いていると、サッシの向こうから他所ン家の黒白八割れさん発見っ!?

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り大鳥神社の脇

さらに進むと、あ゛れっ!?ここもいつも歩いているぞっ!?
ってかここもこの日の朝通ったぞっ!?!?
と、大鳥神社の脇にでました。
そもそも大鳥神社参道入口から歩いたンですもんね。そりゃぁ〜大鳥神社に辿り着きますよね…(^^;)ハハハ。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り大鳥神社前荒川線踏切

その目の前は都電荒川線の踏切。
ハイハイ、南ウィングコースの際はいつも拝見している光景です(笑)

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑司ヶ谷中央児童遊園

さすがに、踏切の向こう側はまだ足を踏み入れたことのない領域。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り近隣地図

現在地の道が弦巻通り。
左の明治通りから右の首都高5号線までが今回のルートということになってます。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り都電デーブル

見知らぬ土地をワクワクしながら歩いていると、見知った店名が。

それは都電テーブルさん。
そういえば、雑司ヶ谷の方にもお店を出したって仰ってましたモンねぇ。
こんなところにあったんですね。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑司ヶ谷弦巻通り商友会

都電テーブルさん辺りを過ぎると商店街っぽい雰囲気がでてきます。
電柱にも雑司ヶ谷弦巻通り商友会と商店街の名前が出てくるようになります。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り商店が増えてきた

ここらでそろそろ。
今回の弦巻通り探訪で一番楽しみにしていたところが。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑二ストアー

それがこちらの『雑二ストアー』!
雄二』ではございません。雑司ヶ谷二丁目で『雑二』でございます。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り旅猫雑貨店

でも看板を前にハァ〜ハァ〜し過ぎて過呼吸になりそうだったんで、落ち着くためにとなりのお店でブラぱち猫クラブの活動を。
ペラペラな猫でございます(笑)

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑二ストアー入口

この雑二ストアー、通り沿いの建物かと思いきやさにあらず。
入口は脇の小径を入ったところ。
なんと奥ゆかしいことでございましょうか(笑)

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑二ストアー前の紙芝居屋さん

あの暗黒の口に早く吸い込まれたい衝動で血湧き肉躍っているところで、手前に紙芝居屋さんが営業の下準備中!?
スゲーな?スゲーよ雑司ヶ谷!!

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑二ストアー入口

そして暗黒街への入口。
雨樋も傾いちゃったりしてますが…(^^;)ハハハ。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑二ストアー八百屋

中ではちゃんと八百屋さんが営業していたり。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑二ストアーの中

観光ってなによ?旅行会社??商店街向け?
と謎のラインナップな雑二ストアー

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑二ストアー反対側の入口

暗黒街を抜けた反対側の入口はこんな感じ。
昭和がたっぷりと息づいてございます。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りのウネウネ

そしてまた弦巻通りへ戻ります。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りアカマルベーカリー

すると気になる街のパン屋さん、アカマルベーカリーさん。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りアカマルベーカリー

なにが気になるって、わざわざ『シベリアあります』と貼り紙が。
でも、この日はすでに売り切れてしまったようで…(^^;)ハハハ。

最近大河ドラマの『いだてん』でもシベリアが出てきたり、なんかプチブームにでもなってるんですかね?
ちなみにこのサイトのページでもアカマルベーカリーシベリアが紹介されてます。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り荒木クリーニング店 鮨義

こちらは本でも写真で紹介されていた荒木クリーニング店さん。
まだ取材当時のままで残ってます。
こういうところがいつの間にか無くなっちゃうのが再開発の怖いところなんですよね。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りの看板建築

さらに気になる物件を発見し。
何屋なんだろ?と近づいてみると…。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りホット美容室

美と容が剥がれちゃってますけど、ホット美容室
もう廃業されてるんでしょね。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り日本女子大学寮

この辺りの弦巻通りの左側は広大な敷地が占拠してまして、それがこちらの日本女子大学寮
なにかと中はオモシロそうなんですが、潜入したらたちまち取り押さえられそうなんで、嫌疑をかけられる前に通り過ぎます(笑)

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り寛の前の塀

なんか右側も高い塀に緑でここなんだろ?
と右ばかり気にして歩いていたら、すっかりランドマークの一つを通り過ぎてしまってました…(^^;)ハハハ。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑司ヶ谷寛の黒塀

それがこちらの黒板塀の『』さん。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑司ヶ谷寛

』の名前の通り、戦前の山窩小説で有名な三角寛の旧宅を利用した小料理屋さん。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り雑司が谷寛の勝手口

門が開いてなくて様子が窺えなかったんで、脇の駐車場から勝手口を(笑)
建物は築90年以上という年代物だそうで。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り三上寛宅の碑

本には角っこに立て札があるって書いてあったんだけど、このことだろうか?
ほとんど文字が見えなくなってますが…(^^;)ハハハ。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りの路地のドラム缶

さらに真っ直ぐ進んでいたところ、ちと気になる脇道があったんで坂を登ってみると。
寂びたドラム缶にポリバケツ。さらには錆び付いた郵便ポストと。
やっぱり雑司ヶ谷スゲーなぁ〜と。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りの路地のバラック

斜めになってるバラック小屋とかもいまだ現存してたりします。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り菊池寛終焉の地テラス雑司ヶ谷

弦巻通りに戻ると、こちらが寛は寛でも菊池寛の方。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り菊池寛終焉の地

いまやその痕跡は一切残っていないですが、こちらのテラス雑司ヶ谷が立っているところが菊池寛終焉の地だったようです。
いちおう旧宅跡の碑だけ残ってます。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りGALLERY TAKAO

本の最後のところの説教強盗頻発地のエピソードのところで写真で紹介されていたのがこちら。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りGALLERY TAKAO

GALLERY TAKAOということで、今はギャラリーになっているようですね。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り清土鬼子母神

ちかくに清土鬼子母神があると知り、せっかくなんで。
雑司ヶ谷鬼子母神よりは規模が小さい感じ。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り清土鬼子母神

でも雑司ヶ谷鬼子母神に祀られている鬼子母神像はもともとこの地で見つかったもののようで。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り終わり近し

そろそろ弦巻通りの旅も終点に近づいてきました。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り最後の昭和物件と首都高5号池袋線

と気を抜きかけたところで、終点も終点のところでこんな昭和物件があったとはっ!?!?

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通り最後の昭和物件と首都高5号池袋線

雑司ヶ谷の昭和の根付き方もスゴいですねぇ。
まだまだ豊島区もすてたもんじゃないっ!と思い直しました(笑)

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4弦巻通りの終点首都高5号池袋線

そんなこんなで、首都高5号池袋線で弦巻通りを巡る旅は終了です。

Sony α7Ⅱ+Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4首都高5号池袋線

首都高5号池袋線を左に、東池袋方面へ向かい帰宅するのでした。
………なんかここも以前歩いたことあるな?江戸川橋から池袋まで歩いた時、ここ通った通った(笑)

【3 鬼子母神裏のクネクネ川道・・・雑司ヶ谷 弦巻通り】

カラー版 - 東京いい道、しぶい道 (中公新書ラクレ)
泉 麻人
中央公論新社
売り上げランキング: 83,358