偽『東京いい道、しぶい道』〜【トキワ荘通り・千川通り編】

泉麻人氏の『東京いい道、しぶい道』をまるまる辿るパクり企画の偽『東京いい道、しぶい道』!
本家『東京いい道、しぶい道』では我が豊島区は第1章の城北エリアに属しているんですが、城北エリアで10本の通りを紹介している中、豊島区は4本の通りが紹介されており、近場から進めているこの偽企画としてはまずは豊島区制覇だっ!と今回の第三弾は『トキワ荘通り・千川通り』なのです!

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

我が家から歩いて行けないわけではないですが、さすがに7月中旬の梅雨まっただ中の不快指数95%の中ではつくまでに気力も途絶えるであろうと、池袋から西武池袋線で椎名町へ。椎名町から山手通りを南下して目白通りにさしかかるとこの地点。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

目白通りを右折すると、早速気になる物件を発見っ!?

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

なんでしょ?このヴィオレさん、この写真だと見えづらいですがちゃんと営業しております(笑)
なんか、廃墟カフェのタグ付けがされる喫茶店な模様…(^^;)ハハハ。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

しばらく西へ進むと今回のスタート地点、二又交番脇の裏街道、トキワ荘通りが始まります。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

こちらが、本にも書かれている二又交番ですね。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

その二又交番脇のトキワ荘通りに入ってすぐにあるほんだ薬局
泉麻人氏が幼い頃からの馴染みの薬屋さん。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

後で知ることにあるンですが、この辺の商店街はなかなか古くから活気がある商店街だったようで、この通りにはこの手の看板建築がまだけっこう残ってます。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

こういう味のある建物が多いのが旧道風情を醸し出してますね。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

ここらでようやく商店街のアーチが。
この辺からニコニコ商店街となるようです。
なんかかなり色褪せちゃってますけどね…(^^;)ハハハ。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

するとまず最初のランドマーク!
味楽百貨店さん。
百貨店?といっても終戦後の集合マーケットで5、6軒の小店が収用されたモノとのこと。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

勇気を出して中に入ってみると、この日営業していたのはお肉屋さん一軒だけでした。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

先に進むと花吹公園

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

なぜかここにトキワ荘の記念碑が建ってるんですが、別にこの敷地にトキワ荘があったワケでもないんですよね…(^^;)ハハハ。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

園内には記念碑の他に、トキワ荘のプチ歴史やトキワ荘時代の関連マップがあったり。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

これですね!清戸道時代からの成り立ちを紹介するモノも。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

そんな清戸道時代の風情を醸し出しているのが二つ目のランドマーク、岩崎家亭。
そもそも江戸末期の建築物だったンだけど、一度1918年に解体されて、その後当時と々様式で再建されたモノのようです。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

今でもちゃんと住まわれていらっしゃるようで。ご立派な門構えでございます。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

清戸道の面影でございます。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

岩崎家を過ぎると商店街は光和通り商店街に。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

本の中に稲荷神社があると書かれていたんで、ちとトキワ荘通りから横にコンコン通りを入っていくと、五郎久保稲荷神社がございました。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

なかなかアットホームな感じのお稲荷さんで、社務所?の方が椅子を出して和んでおります…(^^;)ハハハ。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

再びトキワ荘通りにもどり。
こういう豆腐屋さんの佇まいもいぃ〜ですよねぇ〜。
がんもどきとか買って帰りたいっ!

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

この辺も終戦後から時が止まったような街並みが続いています。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

この信号の先からは千川通り
泉麻人氏が『子供の頃この辺りに来ると、なんとなくコワくなって自転車で引き返していた。』というのもなんとなく解るような気がする。
桜の季節ならいざ知らず、鬱蒼と茂ったこの桜並木は
トキワ荘通りから来るといっきに暗い印象を受けるんですよね。
なんかトンネルの暗がりの不気味さというか…(^^;)ハハハ。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

千川通りでは最後のランドマークであるDASH村絡みの薪炭屋さんを目指しているんですが、その数軒手前のラーメン屋さんてこちらの多家さんだろか?
本に書かれていたタマネギ炒めそばが気になって仕方がないのです(笑)

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

最後のランドマークを前に妙に気になる鳥居がありまして。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

また脇路地に寄り道するとなんじゃこれっ!?!?

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

穴守稲荷神社と幟があるンで神社なんだろうけど、民家の1F?

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

なんか新鮮な衝撃を受けながら千川通りに戻ると、DASH村で城島リーダーたちが焼き上げた木炭を置いていたという木下薪炭店さん。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

こちらも古く大正9年の創業だとか。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

木の下薪炭店を後にして真っ直ぐ進むとゴールの江古田銀座の入口へ。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

あまり縁がない江古田ですが、この街もいろいろとブラりすると面白そうな気配(笑)

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

江古田銀座を駅方面へ。

EPSON R D1S+Voigtlander Color Skopar 21mm f4

昔、遊びで日大芸術学部を受験しに来たことありますが、こんな綺麗な駅舎になっちゃってるんですね?(笑)

そんなこんなな偽『東京いい道、しぶい道』〜【トキワ荘通り・千川通り編】、旧道風情という言葉の通り変に平成に上塗りされていることもなく、時が止まって寂れたというのとも違う、この通りならではの時の流れが進んでいるようなところが魅力だなぁ〜と。

【6 二又交番脇の裏街道・・・トキワ荘通り・千川通り】

カラー版 - 東京いい道、しぶい道 (中公新書ラクレ)
泉 麻人
中央公論新社
売り上げランキング: 83,358