RolleicordⅣにアクセサリを装着して撮影準備万端ですっ!(笑)

そんなこんなで、より実用的な二眼レフを求めてRolleicord Ⅳに辿り着き、その軽快さにハァ〜ハァ〜な日々を過ごしているわけでございますが…(^^;)ハハハ。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

今回お迎えしたRolleicord Ⅳにはちょっとした嬉しいモノが付いておりまして。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

本体の他に、こちらのアクセサリー様御一行ももれなく付いておりましたっ!!

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

こちらの謎のミニミニロケット状の物体はレリーズボタンなるモノ。
実はこいつがRolleicord Ⅳの操作性を劇的に改善させてくれるモノだったのです。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

どういう風に使うかといいますと、底面から覗くとレンズ部の右側にケーブルレリーズの取付部が見えます。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

この穴にレリーズボタンを差し込んで、

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

ネジを回すと取り付け完了!

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

このようにシャッターチャージをした後に、

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

35mm判カメラのようにシャッターボタンを押すと、シャッターが切れるという、これまで当然のように思っていたシャッターを切るという行為そのままにRolleicord Ⅳを操作できるのです。
これで、ちょっとシャッター切るのが不安な貴兄も安心です!!
Rolleicord Ⅳにはこのレリーズボタンは必須かもしれません。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

それとモノクロフィルム用の昔ながらのイエローフィルター。
これまでイエローフィルターとか使ったこと無かったンですが、これを付けるとモノクロフィルムの場合若干コントラストが強まるとか。
よりコントラストをハッキリさせるにはオレンジ、レッドフィルターとか使うみたいですね。
でも、昔のモノクロフィルムと比べて、今のモノクロフィルムは性能も上がっているだろうからどうなんだろ?
今様のフィルムでも使った方がいいんだろうか?

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

バヨネット式で撮影用レンズに装着します。
ちなみに、Rolleicord Ⅳはバヨネットサイズ1というタイプみたいですね。
アクセサリ側には『R1』と書かれています。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

それとなにげにRolleiにはフード必須と書かれている記事を見かけるんですが、ラッキーなことにフードも付いておりました。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

こちらは先ほどのイエローフィルターを装着した上からでも装着可能。
まぁ、当然といえば当然ですね(笑)

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

横から見るとだいぶ出っ張りが目立つようになってきました…(^^;)ハハハ。

FUJIFILM NEOPAN100 ACROSパッケージ

これもオマケのFUJIFILM NEOPAN100 ACROS
今や製造中止になってしまった貴重なモノクロフィルムです。
でも、期限が10月までということナンでさっそく使用してみます(笑)

FUJIFILM NEOPAN100 ACROSフィルム

富士フイルムの120フィルムはシール状になっているんで取り扱いが簡単で良いですね。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

まずは本体の背面カバーを外します。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3 5+FUJIFILM NEOPAN100 ACROSをセット

底面のフィルム室にフィルムスプールをセットして、フィルムのベロを上のスプールまで引き上げます。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3 5+FUJIFILM NEOPAN100 ACROS上部スプールのスリットにフィルムの先端を差し込む

本体上部のスプールのスリットにフィルムの先のベロを差し込んで巻き上げます。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3 5+FUJIFILM NEOPAN100 ACROSのSTARTマークをカメラ側のスタートマークに合わせる

セミオートマットで一番重要なお作法がこちら!
フィルムのスタートマークと、本体の赤丸の位置を合わせます。
そしてカバーを閉めます。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3 5+FUJIFILM NEOPAN100 ACROSフィルムセット時はフィルムカウンターが0

この状態ではフィルムカウンターは『0』になってます。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3 5+FUJIFILM NEOPAN100 ACROSフィルムカウンターが1になるまでフィルム巻上ノブを回す

フィルム巻き上げノブを回して、巻き上げるとフィルムカウンターが『1』のところでノブがこれ以上巻き上がらなくなるんで、そこでストップ。

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3 5+FUJIFILM NEOPAN100 ACROS多重露光防止機構がこの位置になっていることを確認

一応、多重露光防止機構がロック状態になっていることを確認しておきましょう!

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

ちなみにストラップの取付部はRolleiflex 2.8Fと違って、専用のカニ爪では無いようで、普通のストラップも付けられます(笑)

RolleicordⅣ+Schneider Xenar 75mm f3

なので、Rolleiflex 2.8Fはケースに入れたんで使わなくなった、0291ボルトダウンカメラストラップを装着して、撮影準備完了!

でも、暑すぎてじっくり写真を撮る気力がなかなか沸かないんですよね…(^^;)ハハハ。