タグ: Leica CL

写真 散歩

時代の流れとともに在ったモノが次々に無くなっていく路地裏遺産。東池袋の路地裏もランドマークの更地化が進みます。

コロナ禍が明けるとともにそこかしこで再開発や昭和遺産の取り壊しが相次いでおりますが、ついに水窪川暗渠に沿ったあの広場が連なる路地裏にもその気配が押し寄せており、特定クラスターの名所でもあった広場が整備されたり、昭和遺産の木造家屋が取り壊されていたりっ!?というお話。

写真 散歩

かつて存在した東京都下最大の貧民窟『鮫河橋』の後を辿って神宮外苑から四谷三丁目を散策です。

かつて『鮫河橋』と呼ばれていた地名は現在の新宿区若葉二丁目、同三丁目、南元町一体を指しており、首都高・JR線の南側には赤坂御所という都内でも一等地であるこの辺りが、かつて都内最大の貧民窟だったと知り、ホープ軒ついでに徘徊なのです。というお話。

写真

池袋ネコ歩きminiなカメラ散歩。【南池袋〜雑司ヶ谷】

先日アップしたばかりのSIGMA 23mm f1.4 DC DNをLeica CLに装着して早速週末池袋ネコ歩きminiでございます。暦的には9月最初の週末にも拘わらず、朝の天気はいまだに夏っ!?猛暑は引き続き、餌待ちの猫さんたちも相変わらずのバテ模様でございます…(^^;)ハハハ。というお話。

写真 散歩

豊島区庁舎周辺の再開発の波は次第に昭和の残滓も取り除きつつある有様で、亡くなる前に昭和遺構を残しておくのです!

コロナ禍に入り徐々に立ち退きが進み、南池袋二丁目のC街区と呼ばれた町が丸々消失して始まった南池袋再開発事業。その影響からか、コロナが明けてその周辺も歯抜けのように更地化が進んでいる中、昭和遺産を残しておくべく南ウィングコースの一部を散策です!というお話。

写真 散歩

秋の始まりの文化活動は四谷四丁目ギャラリーヨクトで開催中の喜多研一氏『GROUND RESUME 荒川区』!

いつまでも続くのかと思ってた残暑も10月に入るとこれまでの暑さが嘘のように涼しくなり、第二週の週末ともなると日中もお写ン歩日和な秋の気配。そんな中四谷ギャラリーヨクトで開催中の喜多研一氏『GROUND RESUME 荒川区』を鑑賞です!というお話。