【RAMEN WEEK】これぞ90年代の舌の記憶!?大塚で『ホープ軒本舗』さんの豚骨醤油に舌鼓なのですっ!

先日ご紹介した環七ラーメン戦争の生き残り環七土佐っ子ラーメンさん。
当時の豚骨醤油らーめん屋のほとんどは土佐っ子ラーメンに通じると言われたほどお店だったそぉ〜ですが、こちらの環七土佐っ子ラーメンさんもその係累の一つ。
また、当時のブームを牽引した雄の一つが千駄ヶ谷のホープ軒
ボクが上京して初めて出会い、その見た目と味に驚愕したのもこの千駄ヶ谷のホープ軒だったのです。

そんなホープ軒さんも、その長年の歴史から様々な係累を生み出しており、大きな括りでいってしまうと千駄ヶ谷のホープ軒と吉祥寺のホープ軒本舗の2大派閥が存在すると。

ホープ軒外観

実は通勤で利用している山手線外回りでいつも大塚駅ホームから煌々と光り輝く黄色い看板が気になっていたのです。
Google先生に聞いてみるとそこは『ホープ軒本舗』さんであると。
ホープ軒と聞き、あのホープ軒かっ!!と。

しかし、よくよく調べると千駄ヶ谷のホープ軒と吉祥寺を根城にするホープ軒本舗はスープが違うと。
ボクが衝撃を受けたのは千駄ヶ谷の背脂チャッチャ系といわれるものらしく……。

でも、吉祥寺で暮らす同僚は年がら年中ホープ軒本舗の中華そばを旨い旨いと言って喰ってるし、これは大塚で下車して喰うしか無いのですっ!!

ホープ軒看板

ということで、ホープ軒本舗大塚店に入店です。

ホープ軒看板

もぉ〜『○ホ』なのです(笑)

ホープ軒看板

店内は歴史を感じる木彫りの看板というかなんというか。
この札の名前って、ホープ軒の屋台の屋号なんでしょか??

ホープ軒のカウンター

ちなみにこの大塚店さん、一見お店のよぉ〜な感じですが、吹き抜けです。
L字のカウンターはこちら側は椅子がありますが、

ホープ軒のカウンター

もう一方のカウンターは立ち食い用。
サッと立ち寄ってサッと帰る。創業当時の屋台のらーめん屋さんのよぉ〜なスタイルなのです。

ホープ軒メニュー

メニューはシンプル!
中華そばにチャーシューメン。後はトッピング。
懐かしいところだとニンニクはシングルとかダブルとか言って注文です(笑)
そそ!食券とかもないんで、代金引換で。

ホープ軒調味料

調味料はこの唐辛子が特徴。ボクは辛いの苦手なんでいれませんが…(^^;)ハハハ。

ホープ軒中華そば味玉ニンニクシングル

そして、こちらが中華そば
パッと見、あの当時衝撃を受けた豚骨醤油らーめんです。

ホープ軒中華そばの具

具は茹でたもやしにのりとチャーシュー。トッピングで味玉です。

中華そばチャーシュー

チャーシューはこれ自体調理してる最近のチャーシューではなく、出汁獲った出涸らしのよぉ〜な今となっては懐かしいチャーシュー(笑)

中華そばの麺

麵は中細縮れ麺。よぉ〜くスープに絡みます。
大塚店の評判とか見ると麵が柔らかいとかいう感想をよく目にしますが、これって今どきのらーめん屋の麵と比べるとたしかにそぉ〜かもなという感じ。
コシがどうこうとかいってた時代じゃ無いんすよね。昔は。
なので昔ながらのらーめんの麵という感じでいただきました。
でも、堅めとか受け付けてくれるなら、オーダーの時に堅めにしてもらった方がいいかも(笑)

ホープ軒のらーめん丼

スープはたしかに背脂チャッチャ系のよぉ〜に背脂がゴロゴロ浮いてるわけぢゃないんですが、でもきめ細かくスープに馴染んだ背脂が、豚骨醤油スープに馴染んでコクと甘味を増しまして、これはホープ軒の味だっ!と味の記憶を呼び起こしました…(遠い目)。

ホープ軒看板

あれから20年以上も経っているホープ軒の味は、いま壮絶な生存競争を繰り広げている今どきのらーめん屋さんの技術と比べるとちょっとと感じる面も無きにしも非ずですが、40オーバーのオジサンにとっては懐かしい味なのです。

関連ランキング:ラーメン | 大塚駅前駅大塚駅巣鴨新田駅